2016年11月30日

2016年11月

30日(水)
立川流新年会の打ち合わせ。と称した飲み会。例年使っている表参道のあるお店へ。6人でパーパー喋る。たまにはこんな日もよい。最近は事務作業の多くを寸志さんにこなしてもらっている。その分自分のリソースは『立川流が好きっ!!』に費やしたい。寸志さんもそろそろパンクされる作業量だと思う。

///

29日(火)
成城ホールで『NEXT!立川流』。4年前に志の春兄、春吾兄、談吉兄、吉笑で始まった会。結局2回か3回だけやってそのまま停滞していたのだけど、今回他の何人かを加えて改めて始めて頂けることに。
志の春兄さんはあれ以降、僕とは全然違う独自の場所で活動されることが多くなったため、ご一緒できるのは久しぶり。纏う空気が昔とはずいぶん変わっていて驚いた。

///

28日(月)
テイトで週刊キッショウ。『茶法』『桜の男の子』『歩馬灯』の3席。今日はぼくのりりっくのぼうよみさんがいらしてくださると聞いていたからマクラ含めてそのための構成にした。歩馬灯は気持ちよくできた。少しずつ輪郭が浮かび上がってきた感じ。ぼくりりさんのサブオブジェクションへのオマージュとして桜の男の子と歩馬灯を。
その後、小便横町で九龍さんとぼくりりさんとディレクターさんと軽く飲む。メジャーの土俵で活動されている方と話すともっと自分も頑張らないとなぁと思わされる。B.B.の収録でもいつもそんなことを感じている。ぼくりりさんとはまたお会いしたいなぁと思った。 

///

27日(日)
長野県は松本での落語会。雲水師匠と。あずさで二時間半もかかるんだなぁと思いながらモソモソと移動。どうなるかなぁと思いつつ、手堅いマクラから手堅いネタの構成でひとまず皆さんに楽しんで頂けたよう。こういう場での雲水師匠を見るのは初めてだったので全編勉強させて頂く。当たり前だけど、持っている武器の量と質が違いすぎた。すげー。二公演終わりすぐさま東京へ移動開始。車中ではビールをしこたまご馳走になった。楽しかった!

///

26日(土)
事務作業につぐ事務作業。少し前、体調が落ち気味だったときに色々な失敗をしてしまっていたようで、そのつけが今にきた具合。どうしたって波があるなぁ。

///

25日(金)
談笑一門会で『歩馬灯』を。今もう一度始めからこのネタについて考え直しているところで、シブラクでネタ下ろしした時から随分要素が増えてきている。それをうまく組み合わせることができればグッとネタとして良くなると思うのだけど、今回はそこまでガラっと変えることができず、基本線は同じままにして途中一カ所、ある要素を足したのとそれに伴ってサゲを変更したくらいが大きな変更で、あとは諸々の流れを調整したくらいでやってみた。ずいぶん流れはしっくりいくことになったから、ここから思っているような要素を加えることができたら随分奥行きのあるネタに成長してくれそう。このレイヤー構造を完成させられたらちょっと質感の違う持ちネタになってくれそう。
全体打ち上げが終わってから例によって弟子だけで飲みにいった。あまり長っちりにならないようサクッと飲めてよかった。笑二が誕生日だったらしく皆でお祝いをした。

///

24日(木)
日経電子版の原稿を書く。ラーメンでどうしようかと思いつつ、天一のこってりとあっさりの間をつつくネタにすることに。まとまったブレストができていない今、この連載が一番自分の創作能力を発揮できている気がする。落語でそれをやらなくちゃと分かってはいるのだけど、、。

///

23日(水)
熊手を買いに花園神社へ。去年は現在落語論が刊行されるタイミングだったり、そもそも熊手を買うのが初めてで完全に店員さんにペースを握られたりで、めちゃくちゃ大きいやつを買うことになってしまった。でも、本が重版になったりB.B.が始まったりとご利益があった気がするから、今年も思い切ってガツンと買おうと行った。結果、一回り大きいものを去年と同じくらいの額で買うことができた。また1年、よろしくお願いします!その後、こはる姉さんと飲んで分かれて、笑二と家で飲んだ。

///

22日(火)
WOWOWぷらすと。ミュージカル会。僕のミュージカル体験は従姉妹が出演するサウンドオブミュージックを池袋芸術劇場に観に行っただけ。主演を務められた辰巳琢郎さんだけ声量がびっくりするくらい小さくて笑えたことしか覚えていない。そんなうがった見方しかできないミュージカル門外漢の自分に、どういうプレゼンをしてくださるか、という所を肝に挑んだ放送だったけど、なかなかガツンとしたレコメンをしてもらえなくて、途中ちょっとイライラしてしまった。もちろん出し切りはしなかったけど、こっちの熱量が上がってしまった。そんな日もあるか。

///

21日(月)
朝、談志まつりへチラシ折込へ。そして昼の部、夜の部とひたすら『立川流が好きっ!!』のチケットを販売する。思いがけずこの二日で32枚も売れた。ありがたい。
現在のところ半分くらいが売れていて、順調なペース。とにかくこの会に関しては絶対満席にしなくちゃいけないと思っているからあと一ヵ月、チケット販売も頑張っていきたい。
談志まつりについて思うことある。というか大勢の人が同じことを思っているだろうけど、表に出さない。それを今度のメルマ旬報で書いておこうと決心した。
師匠にくっついて打ち上げに行ったけど、師匠方の個室は満員で結果、恩田えり御師匠さん・キウイ師匠・志ら乃師匠と別のテーブルに座ることになった。気兼ねなく飲めて嬉しかった。朝から動いていて疲れたのと、ハイペースに飲まれるキウイ師匠に引っ張られて、すぐに酔っぱらってしまった。だからこの日は思ったような夜を過ごすことができなかった。となると、お酒がやっぱり自分の足を引っ張ってるというのは間違いなさそうだ。お酒止められたら人生変わるだろうなぁ。でもそれが良い変化なのか悪い変化なのかは微妙なところ。

///

20日(日)
朝、談志まつりへ『立川流が好きっ!!』のチラシ折込へ。3000部を持って出かけるも、すぐにこの重さは無理だと気付く。特に力の弱い僕には無理すぎる作業だった。100メートルくらい歩いたけど心が折れて最寄り駅までの数百メートルをタクシーで行った。勿体ないなぁ。
何とか丸の内線に乗って、銀座へ向かう。寸志さんに銀座まで来てもらって、1500部ずつ持つ。これくらいは何とかなった。
さぁ、怒濤の折込作業が入る。僕は前座の時からたくさんチラシの折込をやっているし、特に業界でも最速と思われる立川企画の立山社長に鍛えてもらったから、かなり得意な作業。また、こういう単純作業の効率化は得意なんだ。だから、逆にゆっくりやってる人とか、効率的じゃない人を見るとイライラしてしまう。もちろん表には出さないけど。単純作業を莫大な量やる時、一つ一つの作業を少し遅くすると輪をかけて遅くなってしまうから常に最速を心がけないといけない、ということが、なかなか他の人に分かってもらえない。まぁそういう人たちは何時から何時という体制で働いているから、別に早く仕事を終わらせて時間を余らせても意味がないからモチベーションが上がらないんだろうけど。例えば、全部のチラシを重ねた最後に簡易鉛筆で全部を固定する作業。この作業が一番手間がかかるから、そこで渋滞が発生しがち。だから最後の作業は出来るだけ机の端まで進んで、動線を確保してから行うべきだけど、そこに気付かない人の多いこと。仕方ないから、自分だけ簡易鉛筆を手元にキープしておいて、最後の作業を少し進んだ場所でやって、どんどん抜いていく、ということをしてコツを伝えたつもりだけど反映されず。などと朝からイライラしつつ、ロビーでチケット販売。
志ら乃師匠がさすがの馬力で、完全におんぶにだっこで何とか8枚売れた。こういう作業は僕は苦手なんだ。とほほ。
帰ってきて、少し寝て駅前へ。何とか昨日同様思った通りの夜を過ごせている。いつまで続くか分からないけど、これこれ。これをみんなやってるんだ、と思った。その辺の詳細はここでは書かない。来年、いつも追いかけてくれている方には伝えられると思います。

///

19日(土)
昨日の今日。上々の出だし。朝、何となくさらってみたら気持ちよかったから桜の男の子をやろうと決めて連雀亭へ。さん光兄さんと鯉白さんという顔付け。新鮮。さん光兄さんのん廻し
がとてもウケていて、そうなってくると自分もドカンと笑ってもらいたくなるから一人相撲でいくかと思いかけたけど、何とか気持ちを強く保って桜の男の子へ。
まだまだ体に入っていないから、思っているような会話で進めていけないけど、それでも随分気持ちよくやることができた。お客様が温かくて、引っ張ってもらった感じ。時間も想定通りで、ナイス自分。こういう風にいつも高座を大事にしなきゃなぁと思いながら帰宅。
順調に予定通りことを進めることができていたけど、明日の談志まつりへ持っていくチラシが全然届かず、ここでペースを見だされた。ドライバーさんの携帯へ何度電話しても全然出てくれないし、14時から待ってついには21時の従来の終了時間になっても届かず。21時半頃にようやく電話がつながってどうなってるのか聞いたら、近くにいるから持って行けるとのこと。何だその返答?そもそも21時を過ぎた時点でそっちから掛けてくるべきだろ!とか思いつつ、まぁ向こうも忙しいのだろうということは分かるから落ち着いて対応。結局22時前に届く。第一声が申し訳ございませんでなく、普通に代引きの値段を言ってきて、そのまま手続きを済ませようとされたから遅くないですか?という話をさせてもらった。さらっと流されかけたから、これは仕方ないと思い、今後こういうことがないように規定の21時を過ぎる場合は一本電話を入れるということを、あなたが責任を持ってセンターで働いているドライバーさんたちに徹底させてください、とお願いをして、ようやく表へ出る。うーん、一進一退の一日だった。明日から談志まつり。

///

18日(金)
今後の予定をたてた。ちょっと動き方を変えようと思っていてそのために諸々の調整を。早速明日から細かく動き方を変えていくことに。あとは来年何やるかを具体的に詰め始めた。いくつか楽しみな動きがあって、それを実現するためにはどうするべきかについて考えていく。年が変わるまでのこういう時間がふわふわしていて楽しかったりする。

///

17日(木)
朝、オチケンの太鼓会へ。この日は聖天(しょうでん)というジャンルの叩き方をする曲を中心に。立川流だと志の輔師匠の「梅は咲いたか」とか談修師匠の「東雲節」とか、平林兄さんの「名古屋甚句」とか。CDをかけて実践で叩いてもらってはダメだしをしていく。たまに自分が見本をみせるという流れ。かくいう自分も別段うまいわけじゃなくて、少なくとも立川流の人間として周りからはヘタだと思われることがないというくらいのレベル。うまく叩くというよりヘタさがバレないようにするという技を僕は持っている。ヘタさがバレないこつは、大きな間違いをしないということで、だから自信が無いときは極力大きな音を出さないようにする。基本的にお囃子の太鼓は三味線がメインで太鼓は脇であしらうくらいのイメージでやっているから、ちゃんと叩くと10の音がだせるとして、毎度10で叩くんじゃなくて半分くらいの力でも問題なし、もっと言えば拍子をとるためにバチを置くくらいの2くらいの音しか出さないときもある。経験則としてヘンな時に10で叩いてしまった時に「わ、こいつヘタだ」と評価されてしまいがちで、別に5で叩いてて「ちゃんと叩けてないからこいつヘタだ」とはあまり思われにくい。だから、合ってるか不安という時はあまり強く叩かないようにして、でも何も叩かずにいるのが長過ぎるとさすがに間延びしてしまうから、5で様子をみながら、2とか3でひとまず間を埋めつつ、絶対に合ってるという時だけキッチリ叩いていくようにする。そうするとまずヘタとは言われなくなるように自分は思っている。そうなってくると大きい音が出る大鼓の使い方が重要で、絶対合ってる自信がある時は少し大鼓を叩く回数を増やす。そこがバシっとはまったら「こいつ上手い」と思われがちだから、そこで得点を稼いで平常時はとにかく減点をされないように叩くという。こういう卑怯な作戦で僕は太鼓を叩いていました。
そしてそんなセコイ技術をいま後輩に教えているというわけだ。

///

16日(水)
朝、来年出させて頂くイベントの打ち合わせへ。全部で50人くらいの二ツ目が出演することになる企画だけど、そこに呼んで頂けるのはとてもありがたい。いや、それは謙虚に言い過ぎか。自分の目標の高さからしたら、そこには入っていなきゃダメだろう。この日はさくっとした打ち合わせのみで、次回がわりとカロリー高めになりそう。
その後は広小路亭に行って、『立川流が好きっ!!』のチケットを談吉兄さんと志ら乃師匠に渡す。そのまま喫茶店にこもって、原稿作業。新しく始まる連載原稿と演劇雑誌に寄稿させて頂く原稿の締切が重なってしまった形。演劇雑誌の方はすでに一度原稿を送っていたから諸々を修正して送信、新連載の方は書き上げて送り、返ってきた反応をもとに修正して送信。何とか終わらすことができた。でも次はメルマ旬報と日経電子版の締切が待っている。こうやって書いてみると、ちょっと原稿作業多いなぁ。落語への時間が削られ過ぎると本末転倒だけど、色んな場所で仕事をやって自分を知ってもらうのは絶対必要だし、それに収入面でもめちゃくちゃ助かっているから当面はこんな具合にやり続けていくんだろうなぁ。
夜は連雀亭で週刊キッショウ。朝から家を出てたから笑んの家に届くように設定した紙版がなぜかいつも通り自宅に送られていたようで、結果、この日はお客様に紙版をお渡しできなかった。痛恨。ゲストは昇々兄さん。こうやって会を一緒にやるのはほとんど初めて。中々、活動場所が重ならないんだよなぁ。楽屋から兄さん節全開で思いがけず今後の話なんかもさせて頂いた。実現したら嬉しいなぁという企画の話を。会の方は兄さんの熱量が凄くて、対抗できるのはくじ悲喜しか無かったから、やった。こういうネタを増やさないとなぁといつもながら。
その後は近所で飲まれているけい木兄さんとレコード会社の方と合流。兄さんたちは今度一緒に仕事をされるようでその打ち合わせのような感じだった。何も言うまい、ライバルに塩は送るまいとだんまりを決め込んでいたけど、酔いが進むうちに我慢できなくなって、ついには思っていることを言ってしまった。自分もやりたいと思っていたような羨ましい企画で、少し嫉妬してしまった。

///

15日(火)
昼、某所から帰ってこられたこはる姉さんに『立川流が好きっ!!』のチケットを渡す。元気そうでよかった。その足で今度は寸志さんにチケットを渡す。そしてシブラクへ。まずは自分が上がって、松之丞兄さん、春蝶師匠、そしてトリは三三師匠という強力な顔付け。結局この日だけで『立川流が好きっ!!』のチケットが20枚売れた。ありがたい!
会の方は自分もガッツリ受けたかったから、そういうマクラを振ってから一人相撲。色々細かい要素を足しながら、楽しくやることができた。そして時間調整も完璧という。ほくほく。終演後は三三師匠にご飯に連れていって頂く。こうやって同席させて頂くのは初めてでめちゃくちゃ嬉しかった。いくつか、明らかに自分に向けて言ってくださっているであろうアドバイスというか、優しいニュアンスの苦言っぽい言葉も頂いた。思い当たる節があったのでハッとした。それよりも驚いたのは三三師匠が現在落語論を読んでくださっていたこと。うへー、と思った。ありがたい。
帰ってシブラクの感想を観ていたら、まぁ仕方ないけど、ここだけの秘密ね、とネタっぽくでも釘をさしておいたつもりだったけど、結構ツイートしている方がいて、泣いた。些細なことと思われても仕方無いけど、その些細なことから生じる色々が無くはないんすよねーと。学んだのは、やっぱり大勢が集まるシブラクではそういうマクラは振っちゃだめということ。とほほ。

///

14日(月)
朝、気持ちよく目が覚める。先に1人は帰ったみたいで、もう1人の方と一緒におかみさん特製の朝食をご馳走になる。ごはんも豚汁も美味しくて、目玉焼きも魚もあって、さらに煮物とか野菜とかあって、旅館の朝食なのだった。食後にマーマレードとコーヒーまで頂くという至れり尽くせり。本当に理想的なご夫婦だ、すごいなぁ。
感動しきりで東京へ。山梨また来たいし、馬場さんにはちゃんと恩返しできるようになりたい。家に帰ってくると、ようやく『立川流が好きっ!!』のチケットが届いていた。うん、良いデザイン。このイベントはきっちり売り切らないと絶対だめなものだから、期間が短いとはいえ皆で強力して売り切りたいなぁ。

///

13日(日)
ざぶとん亭の馬場さんから頂いた仕事で山梨へ。あずさに乗ったのは初めて。天気がよくて気持ちよい中、会場へ。素敵な飲食店。すでに大西ユカリさんや三宅伸治さんたちがリハーサル中だった。あたりまえだけど皆さんエネルギーが凄かった。
最初の落語はまぁいつも通りとして、その後、大西さんたちが演奏するトランプという曲にちなんで、トランプ大統領の設定でヒラリー役の大西さんと少し絡むことになったプログラムに不安を覚えながら準備へ。なるほどこれは確かに自分とかじゃないと頼まれない仕事だなぁと思いながら。こういう場での落語は少しずつズルい共犯関係の作り方を身につけつつあるから、気持ちよくできた。というか、お客様が温かかった。問題はトランプで絡むながれ。基本は打たれっぱなしで良いという大西さんの指示だったけど、さすがに舞台上で居場所がなくて、ちょっとこちらからも動こうとしたら軽い事故みたいになった。それでも大西さんに助けられて無事終了。楽しい会でした。
その後は馬場さんのご自宅へ何人かのスタッフさんと一緒に行く。皆で泊めてもらうことになっていたから。もちろん初めて行った馬場さんの自宅は凄まじかった。都内だと考えられないくらい広いこともさることながらいたる所に置いてある本や落語関連の品がわくわくさせてくれるし、猫いるし、色んな種類のお酒やおつまみが出てくるし、これはちょっと僕の理想の自宅像に近かった。近くにある温泉がひいてあるというお風呂までお呼ばれし、5人くらいで伺ったのに全員分のバスタオルとか用意してくださっているし、もう本当に幸せすぎる時間なのだった。そして5人それぞれに寝る場所を用意してくださっていて、僕はとても綺麗な和室で寝かせてもらったのだった。幸せすぎる一日だった。

///

12日(土)
八王子は大学セミナーハウスで出張版の『吉笑ゼミ。』。セミナーハウスの本館は吉阪隆正+U研究室の設計で、さすがに存在感がすごかった。天気もよくてよい出だし。
高知の炭酸ガス研究会でゼミをやり遂げたことが自信に繋がっているみたいで、この日は長谷川哲夫先生の天文学についての話がテーマで、これはまだ自分の興味の範囲に近いお題だったからわりとリラックスしてイベントへ挑んだ。
お客様の感じが大学セミナーハウスの開館50周年記念式典にいらしたトーンの方と、天文学関連の方と、そしていつも来てくださる落語界隈の方とがごちゃ混ぜになっている感じで、ちょっと的が絞り難いと思いながら高座へ。共犯関係を作るまくらだったり、後はそれぞれを届きうるまくらを振るうちに随分時間を使ってしまった。結果、一人相撲は気持ち良くできた。
長谷川先生の講義。ストロングスタイルなものだけど、自分は冒頭の我々はみな星の灰からできている、というロマンチックな切り口がガツンと効いて、もうそれを切り口にネタを作ろうと決めうちでひたすらウンウン考えた。
結果できたネタは、もちろん拙いけど枠組みとしてはまずまずの物だと思うから、イベントとしてはちゃんとまとまった気がする。その後のトークセッションはそれこそ自分の得意ジャンルで小学生哲学者という様相で、拙い知識源から色々な考察をし、そして色々な質問をする形式に。これ、たぶん知的好奇心が旺盛な方で洒落っ気もある方ならめちゃくちゃ楽しいはず。この日も思いつくまま長谷川先生に質問させて頂いた。
イベントが終わり、こちらも手応えがあったけど、お客様も楽しんでくださったようでなにより。そして、早くもまた来年もやりましょう、という話をセミナーハウスさんから頂いた。本当に教育というのは僕のライププランに入ってくる領域の一つだから、当然のめり込んで。今のところ「落語」「地方」「教育」これが自分の核になるべきポイントだと想定しています。
スタッフさんの計らいで打ち上げは高円寺で一番美味しい肴が出てくる店。この日は主催者さんが予算を用意してくださっていたから自分は気兼ねなくただただ出てくる絶品料理を食べ続けるだけ。カワハギ、美味しかった。店へ向かう途中に長谷川先生と喋っていた「太陽が二つある世界の俳句はどんなのだろうか」という話題。結構、奥行きあって楽しそう。メモメモ。
お客様とスタッフさんと長谷川先生のおかげでとても充実した一日になりました。ありがとうございます!

///

11日(金)
昼、今度始まる雑誌連載の打ち合わせへ某出版社へ。これがもうどてらい大きさのビルに入っていて、そういう場所に行くと刺激を受ける性質の僕はビシビシとやる気をもらったのだった。編集の方と喋っているうちにようやく書きたい方向性が見えてきた。この仕事は芸能ニュースを題材にするシバリがあって、普段そういうことに感心がほとんどないから自分にとって新感覚だ。文字数が800文字と少ないのが特に難しそう。どうなることやら。
その後はセシオン杉並で開催されている談春師匠の独演会へ勉強に。ついに直接『現在落語論』をお渡しすることができたのでした。開演前にまた色々とお話をしてくださった。いくつかめちゃくちゃ示唆的なことも。本当はそこで自分が考えていることとかをちゃんとお伝えできたらもっと色々なお話を聞き出すことができるのだろうけど、如何せん談春師匠の前では萎縮し過ぎてしまう。これはもう仕方のないことだ。棒鱈と鼠穴の二席。袖から大事に聴かせて頂きました。頑張らなきゃなぁ。

///

10日(木)
11月上旬はとても暇だったけど、結局思っていたような作業を進めることができなかった。いつもそうだ。ということはこれからもそうなんだろう。だとしたら終わってる気がする。

///

9日(水)
昼からサウナへ。地下のラウンジがコンセントあるし静かだしで作業するのにピッタリだと気付いて、早速出かけてみた。結果、備え付けの漫画を読んでしまうのと、サウナ後は体が疲れているのかめちゃくちゃ眠たくなってしまうことが判明した。キングダムをずいぶん読み進めて時間オーバー。
夜はのんき夜行の斎藤さんと食事会。いつもお世話になっているからお礼を兼ねて高円寺は石川へご招待させて頂いた。この日はあんこう三昧。美味しかったなぁ。そして今週は吉笑ゼミ。の打ち上げでも石川さんに行けることになっている。贅沢な食生活。
その後、二次会へ。こちらはホールの接客態度が先代からめちゃくちゃ悪いけど、それを補って余りあるお通しの鳥スープが高クオリティの店。何人か呼びますか、ということになって、笑んに電話するも繋がらず、笑二は会の打ち上げ中とのことで、かしめ君がすぐに来てくれた。この辺のフットワークの軽さはさすが。
軽く飲んで斎藤さんとお別れし、止めに安いのが取り柄の丸金酒場へ。仕事終わりの笑二と笑二の友達の芸人さんとかしめ君と4人で。特に何も無かったけど、逆に言えば普通に楽しく飲んで2時過ぎに解散。楽しい夜だった。
斎藤さんと飲めてよかった。来年はさらにお世話になる予定で、そのお願いも兼ねていたのです。

///

8日(火)
WOWOWぷらすと生配信。今回はスターウォーズ回で、ゲストが豪華な方々だったのでしっかり予習しておこうと、生まれて初めてスターウォーズシリーズをちゃんと観た。結果、7は間に合わず、4・5・6・1・2・3の6本を観たのだけど、1本2時間あるから12時間を費やしたことになる。でもこれで、ようやくスターウォーズの流れに追いつくことができた。
バーニングマンみたいな世界観の美術がとても好きで、そこに辿り着けた理由なんかを聞きたいなぁと思いつつ現場へ。ほぼ初めましての宇野さん、めちゃくちゃ優しい人で良かった。合うまで怖い人かなと思ってたけど、そんなこと全くなかった。
まだまだ仕切り力が乏しいなぁと痛感しつつ、無事におわり。帰りは南阿佐ヶ谷・青天井に寄って軽く一人のみ。これくらいの飲み方ができれば毎日ちょうどいいはず。

///

7日(月)
朝、寸志さんと深川へ『立川流が好きっ!!』の打ち合わせへ。チラシデザインようやく素材が出来上がって、形になりはじめた所。チケットも間もなく完成。さてどうなることやら。
夜は連雀亭で小辰兄さんをゲストにお招きしての週刊。先輩をゲストにお招きすることはほとんど無いし、招かれたことも皆無。でも多分嬉しいもんだろうなぁと思って今回は先輩をお招きすることにしてみた。マクラ喋りすぎて、小辰兄さんに気を使わせてしまったのがちょっと後悔。それでも楽しい会になりました。ありがたい。そして終演後は兄さんに飲みに連れてってもらう。こちらでお呼びしてギャラをお渡ししても結局飲み代で使わせてしまうから何だか釈然としないけど、これはまぁ先輩として仕方がないことなのだろう。自分もいずれ後輩に呼んでもらったらそこで恩返しをしたい。たくさん楽しい話ができて(小辰兄さん、しっかりした考えをお持ちなので落語の話をするとお互い白熱して面白くなりがち)幸せな気持ちで解散。また会でご一緒したい。

///

6日(日)
入門してちょうど6年が経って、今日から7年目。少し前までは予想以上の成果を上げられていたと思えていたけど、最近はだんだん予想通りか、予想を下回るくらいの感じになってきた。理想の自分は結構手強いけど、もっと頑張らなきゃなぁーとか思った。

///

5日(土)
明日更新の日経原稿を一気に仕上げる。正直、日経の連載がいま自分にとって一番創作能力を発揮している仕事かもしれない。それはそれでありがたいけど、やっぱり落語でちゃんと発揮しないといけないなぁと思っている。そんなの当たり前だけど、それができないから自分でもヤキモキしている。これをスランプというのかもしれない。考えないようにしていたけど。

///

4日(金)
『MUSIC B.B.』の収録。今回は年末進行ということもあって5本撮り。長丁場でどうなるかと思いながら現場へ。
月に1回の収録だからまだ3回目だけど、ずいぶんスタッフさんとの呼吸も合うようになってきた。衣装はおなじみ宇田川さんのスタイリング。今日も何着か太り過ぎて着られない服があった。申し訳ないなぁ。
収録1本目。ゲストの方、めちゃくちゃ良い人だったなぁ。毎週イベントをやるという仕組みは自分と同じで、頑張らなきゃって思わされた。ツイッターの使い方も徹底されてて、すごい。
2本目。カッコイイ女性。でも気さくでいい人だった。トークどうなるか心配だったけど、問題無し。きちんと打ち返してくださったから楽しく進めることができた。そしてFLOW BACKさん回と同じく体験型のコーナーが。自分の仕事はできたと思うけど終わってからディレクターさんに指摘されて一つ大きな取りこぼしがあったと気付いた。このへんの対応力は身につけないとなぁ。
3本目。ガツンとパンチの効いた方々。個人的には自分も落語界でそういうスタンスだったりするからめちゃくちゃ共感できるけど、番組進行役としてはバランス取りながら何とか成立させるための進行を。受け役がそれこそ凄腕だったらドカンと跳ねる人たちなんだろうなぁと思いつつ、残念ながら今の自分にはそんな信頼感はない。それでも粘り強く食らいついたら何とか形になった気がする。頑張った自分!
4本目。一線で活動されている方だから百戦錬磨だった。だからすんなり気持ち良くいけると思ったら以外とフックがなくて中々ポイントを作り難い回となったのだった。そんなこともあるんだなぁ。MC力をもっとつけないといらしてくださったゲストの方の魅力をちゃんと伝えることができない。
5本目。この回はのびのびと。構成上も少し変更があって、自分としてもそういう流れで進めようと思っていたけど、先にKissBeeさんが手を打ってこられて、この日のOP、EDパートは毎回何かしら策を用意して来られていた。BossBeeさん以外に初めてみる男性スタッフさんがいらっしゃっていた。たぶん作家さんだと思うけど、毎回ちゃんとトークの用意をされているよう。もちろん先手でこちらから崩すこともできるけど、ひとまず今回は全乗っかりで受け止めることに。落語家とはいえこっちは芸人、むこうはアイドルなんだからそれくらいはちゃんとやらなきゃなぁと。どう出てくるか分からない状態で受け切るのは緊張したけど、まずまず問題無くできた気がする。そしてめちゃくちゃ楽しかった。ひなちょす、みさきとも息があってきたからこの流れで次回収録も挑みたいなぁ。
疲労困憊かつ興奮状態だからクールダウンがてら少し飲んで帰ることにしたけど、結果的にあまりクールダウンできなかった。まぁそんなこともある。

///

3日(木)
来年のことをちまちまと考える。そろそろきちんと自分自身の表現を前面に押し出すべきじゃないか、そんなことばかり考えている。いま、とてもありがたい毎日で、しかもこの毎日は少し頑張れば持続可能な気がしていて、でも、だからこそ、きちんとやりたいことを世に問わないといけないという気がしてきている。そのための準備をちまちまと初めているところ。

///

2日(水)
今日も休み。前から買いたかったけどタイミングが合わずに足踏みしていた来年の手帳を買った。手帳を買うとき毎回思うのだけど、LOFTさんには同じメーカーのやつをちゃっと毎年取り扱って欲しい。去年同様渋谷のLOFTヘ行ったら、去年買って気に入っているメーカーのやつがなかった。なんでや〜。色々見て回って、また新しいメーカーのやつを買うことにした。その後、喫茶店で早速旧手帳から新手帳へすでに頂いている来年の予定を書き写す。この時間がたまらなく好き。もっともっと早めに仕事が決まっていくような芸人になりたい。今はだいたい2ヵ月前くらいに決まることがほとんどだからなぁ。
そして、昨日に続いてサウナへ。ちょっとサウナ中毒になりつつある。今は最寄りのところにしか行っていないけど、遠征するようになったらいよいよだと思っている。

///

1日(火)

月初め。今月はずいぶん休みが多い。収入が心配だけどまぁ先月忙しかったからバランスを取るということで。ひとまず今月の予定と先月の日記をまとめてアップして、あとはお知らせメールを送信した。前回間違えた会の日付はちゃんと念入りに確認したから今回は間違えなかったけど、その代わり本文を記入せずに空メールを皆さんに送りつけてしまった。どんくさ〜。
来年のことを少しずつ考えている。流れを変えるためにガツンとやってやるんだ。勝負だ。

posted by kisshou at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。