2013年04月29日

ブログ

ご無沙汰しています。立川吉笑です。
元気です。


さて、突然ですが、このブログを止めることになりました。

前座時代から続けてきたこのブログには、できるだけ思っていることをありありと記してきました。そのおかげで「ちょっと変わってるから見てみよう」という風に初めてのお客様に会へ足を運んで頂けるきっかけになったり、『吉笑年鑑』という企画が生まれることになったり、(そう、ご縁でありがたいことに『吉笑年鑑2012』を池袋のリブロで取り扱って頂けることになりました!期間限定ですが、まさか店頭で販売することになるとは思っていなかったのでスタッフさんと大喜びしました。かなり充実した池袋リブロの落語コーナーに黄色い謎な本が置かれていることを想像するとほくほくします。)一方で、シリアスモードで書きすぎて"笑い"を作ろうとする自分にとってはマイナスになってしまったり、行き過ぎた発言で人間関係をしくじったり、悲喜こもごも色々とありました。吉笑年鑑の資料部分を見て自分でも愕然としたのですが、ブログを始めた当初から今に至るまで読者数がほとんど横ばいなのも謎の1つです。活動の場は少しは増えたのになぁ。


ここしばらくは完全に休ませて頂いていました。国立演芸場では恒例の立川流一門会が3日間連続で行われていたり、勉強に行こうと思っていた先輩方の会があったり、お世話になっている談修兄さんの昇進披露パーティーも手伝いにすら行かずに、ただただ休んでいました。家で寝込むとかではないですが、稽古もネタを考えることもせず、しいて言えばひたすら遊んでいました。天気が良い日には散歩に行ったり、ネットしまくったり、初めて鎌倉にも行きました。江ノ電に乗って江の島に行って水族館でクラゲを見たり。あとは自由が丘にも初めて行きました。年鑑を作ってくれたスタッフさんが最近カメラを買われたのでカメラストラップをプレゼントしようとポパイカメラというオシャレなカメラ屋さんに行きました。家で料理作ったり、新井薬師の飴屋さんに行ったり、テレビを見たり、していました。控えていたお酒も一昨日はずいぶん飲んでしまい、戻したりもしました。散髪に行ったり、中野にある大好きなマクドでぼんやりしたり、そんな過ごし方をしていました。ようはとても元気です。

「実際どうなんだ?」と言う声はあると思いますし、今までの僕の方法論だったら「実際どうなのか」を赤裸々にお伝えしたいところですが、実際問題ちょっとお伝えしにくかったり、また実際のところどうでも無かったりするので、実際には言いようが無かったりします。まぁ、直前のブログやらツイッターを遡れば色々な推察はできるのですが、実際のところそれが実際なのかは、また別問題だったりしますし、実際。


とにかく重複しますが、元気です。万が一、少しでも心配してくださっている方がいるのでしたらご心配なく。どうもありがとうございます!
明日の勉強会から改めて落語を演らせて頂く予定です。遊び倒していたので勉強するものを用意できるのかが心配だったりしますが、お時間ありましたらお付き合いください。


今回、色々な方にご迷惑をおかけしてしまいました。
ツイッターやメールで温かいメッセージを頂戴しました。おひとりおひとりに返信することはできませんでしたので、ここでお礼申し上げます。
また、親しい先輩方からも皆さんのやり方で色々と励まして頂きました。そのどれもが嬉しかったです。ありがたいなぁ。


遊び呆けていたとは言え、もちろん色々と考えたりもしました。鎌倉では大仏が想定していた以上にあまりにも普通だったので時間が余ってしまい、特に色々と考えさせられたりしました。牛すじをトロ火でいい感じに煮込むのに思ってたより時間がかかったので色々考えてしまいました。
そこで考えたことがどこまで反映されるのかは僕にも分かりませんが、今後ともお付き合い頂ければなぁと思っています。



さて、もうひとつご報告があります。
このブログを止める代わりに新たにブログを始めます(笑) あざとい構成にしてしまいすみません。

前々からホームページをリニューアルしようと計画していたのですがたまたま休んでいたタイミングで完成したので、そちらにブログ機能も移行することにしました。スケジュールやお問い合わせフォームもそちらに移動します。
前までは何から何まで自分の手でやりたい欲求があったのですが、今回のこともあり、頼れる部分はどんどん頼らせてもらおうと思いだしたので、このホームページも信頼している仲間にほぼ任せて作ってもらいました。自分にとっては大きな変化と言えます。


当初描いていたルートからはずいぶんはずれちゃったし、というかもうあの時の自分の理想像になることはできないのだけど、ルート外れちゃってもリルート繰り返したり、そもそも目的点すら変えたりしてでもやってくしかないし、や、そうまでしてでもやっていきたいと思った。
じゃあ目的地を変えてまで自分は何を続けて行きたいんだろうって考えて、余分なものを削いで削いでをしていったら、最後に残ったのは見たことないネタを作りたいという原動力だった。この乗り物でどこを目指そうかはまた改めて考えるとして、いまはとりあえず動かしていたい。


立川吉笑web
http://tatekawakisshou.com

おまけ
posted by kisshou at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

立川吉笑落語会2013『3年目の吉笑#2』中止のお知らせとお詫び


日頃より立川吉笑を応援して下さりありがとうございます。

4月19日(金)にお江戸上野広小路亭で予定しておりました『3年目の吉笑#2』につきまして、お客様にお知らせとお詫びがございます。

誠に急ではございますが、この度、諸般の事情により止むを得ず公演を中止させて頂くこととなりました。

すでにチケットをご予約して頂いているお客様、楽しみにして下さっていたお客様、ならびに関係者各位には多大なるご迷惑をお掛け致しまして、誠に申し訳ございません。心からお詫び申し上げます。


また4月20日(土)に出演を予定しておりました『麻布寄席vol.5』につきましても出演を見合わせることになりました。重ねてお詫び申し上げます。

なお、4月30日(火)の立川談笑一門弟子勉強会には出演する予定です。

ご迷惑をおかけしますが、今後とも引き続きご支援頂けますよう宜しくお願い致します。

立川吉笑

posted by kisshou at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

第二次・第二次成長期


 昨日はブログを更新していたら「思春期の乙女」モードが完全に無くなって、グイグイ上がってきたから勢いで談吉兄さんに連絡して練馬で夜ご飯を食べた。「お酒を飲まずに純粋に食事だけを」というテーマだったので新鮮な食事会で色々と楽しい話をしたり、気持ちの整理の仕方などためになる話を聞かせてもらったりした。とても楽しくて上がりっぱなしだったのに、最後のデザートを頼んだら急に「思春期の乙女」モードが立ち上がってきて、急に「ヤバイ」となってしまった。トイレに行って気分転換をしようとしても吉笑の乙女の部分がどんどん大きくなってきたので、正直に兄さんに「僕の乙女の部分が大きくなってきました」と報告すると、兄さんは「例えばそわそわしちゃうんだったらそわそわしたら良いんだ。じっとして居られないんだったら思いっきり動いたら良いんだ。見てろ!」と急に店の外にダッシュで飛び出された。後で聞いたら意味も無く店の前でスクワットを5回してから戻って来られたようで「とにかく衝動を全面に出して発散しろ!」という事を伝えようとして下さったみたいなのだけど、まず兄さんが急に飛び出され独りになったことで不安になり吉笑の乙女化が促進されてしまい、また「何事か?」と店員さんが席に来たので適当に「いや、電話がかかってきたみたいで・・・」みたいな気遣いをするハメになり、余計しんどくなったのだけど。
 デザートのいちご杏仁を食べていると「思春期の乙女」モードがするする消えていったのでホッとしたのだけど、帰り道途中まで一緒に歩いてくださったりした。談吉兄さんに客観的に自分の状態を分析して頂いてかなり明確にどうおかしいのか、どれくらいおかしいのか、が分かったのでちょっと本腰入れて僕の中の「思春期の乙女」とお別れすべく動こうと思っている。その一環として帰ってまずは部屋を掃除した。そして夜寝て朝起きるという普通の生活スタイル、ちょっとしたジョギングを継続しつつ、観葉植物を買おうと考えていたりする。「思春期の乙女」というと変なニュアンスも混じるけど、本当に「思春期の不安定さ」みたいな感じだと自分では思っていて、この現象を「第二次・第二次成長期」と名付けてみたりした。若者からおっさんに移り変わる時に生じる気持ちの不安感みたいな。

///

 先日はそんな談吉兄さんの初めての独演会「談吉百席」へ、お手伝いしがてら勉強に伺ってきた。初回、大荒れの天気、超満員、などの要因による後押しと兄さんのお人柄もあったのだろうけど、稀にみるホーム感が非常に羨ましいと思ったのだった。こはる姉さんの会も同じようなホーム感があるのだけど、僕の会には今の所そういうホーム感はほぼ無くて、何と言うか独演会が一番ヒリヒリする現場というか正念場というか、とにかく温かい感じはお二人の会に比べると少ないのは確かなのだった。
 まぁ普段の動き方だったり、進んでいる方向だったりでそういう空気になる理由が分かる気もするし、むしろその方がいいような気もするのだけど、無いものねだりなのか、あのホーム感には憧れるのだった。ちなみに僕にとって一番ホーム感を得られる場所は「古典王道派の先輩方2〜3人+自分」という環境で、ただこれをホームと定義すると基本アウェー戦になってしまうので、もう少し大きなホームを築けるようにしなくちゃなと思う。といいつつ、自分が試されているような、ヒリヒリした雰囲気に真っ向勝負していく状態も結構好きなので、そのあたりバランスよくやっていきたいなぁと。
 帰り道、大雨でズブ濡れになったのだけど、そういう感じも含めて談吉兄さんの会っぽいなぁと思ったのだった。あんな空気の会をいつかやりたい。
posted by kisshou at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

思春期の乙女

 最近のこと。屋形船で落語を演らせて頂いたり、談吉兄さんの会に勉強に行ったり、楽屋ばなしを収録したり、師匠の会に勉強に行ったり、中学生ぶりくらいにプラネタリウムを観たり、夏頃に予定している会の打ち合わせに行ったり、新しい記録系企画の打ち合わせをしたり、色々と書きたいことはあるのに書けないでいて、その理由は1つ。なんか、心がヘンなんです。
 「思春期の乙女か!」と自分でも思うのだけど、どうもヘンなんです。や、結構ナイーブな問題だったりするから、書くのはどうかと躊躇していたけど、年鑑出したりして自分をさらけ出す方向で進んでいることもあるし、逆に書いたら落ち着くかなぁと思って書くことにしました。カウンセリング的な。
 
 もともと自覚症状は無かったのだけど「アガる時はグンとアガり落ちる時はグンと落ちる傾向があった」とは友人の弁。まぁ、そんなのは程度の差こそあれ普通のことだと思うのだけど、去年のある時期、ちょっとヤバいなぁという落ちっぷりの数日間があって「ありゃ、意外と脆いのか自分?」と気づきだした。でもそれも数日間くらいのものだったし、原因もハッキリしていたので「まぁ、よくあることだ」とやり過ごした、というかやり過ごせた。
 で、年明けて、まぁまぁバイオリズム?的には気持ちいい日々が続いていて、2月上旬とかはハッキリと調子がいいと思えるくらいだったのだけど、ある時にまた同じような症状が出て「ありゃ、再び?」とか思ったけど、それは数日も続くようなことじゃなかったし、また原因もはっきり分かっていたから「そういう負荷のかけ方をしたら完全に寿命が縮まるから今後はやめよう」くらいに思ってた。
 そしたら数日前。急に同じような症状が出て「ありゃ?」と思いつつ、今回は負荷をかけてもないし心配事とか悩み事とかも特にないのに「なぜだ!?」と焦ったのだけど、前回2回の経験から自分にとっては特効薬らしい「高円寺〜阿佐ヶ谷間を友達と電話しながらひたすら歩き続ける」という対処をとったら数時間で収まったのだけど、何かヘンな感じだなぁと思ってた。そしたらその翌日、同じような時間にまた特に理由なんかないのに同じ症状が出て「まじか!?」と焦ってまた「高円寺〜阿佐ヶ谷間を電話しながら歩き続ける」という対処をとってすっと収めたのだけど、いよいよまずいなぁと思った。
 
 書き方変だけど友達に「今は大丈夫だけど本物」の人がいて、その人に相談したら何か理由があるはずだということなので、うーんと考えたら、理由が分かった。2日間とも自分で夜ご飯を作って、それを食べた直後のことなのだった。いや、それが理由かは分からないけど、「働き盛りの時間帯に独りでご飯作って独りで食べるのって寂しい〜」という気持ちがギュッと胸を締め付けているのだと思うとしっくりくるのだった(笑)だからやっぱり思春期の乙女みたいなものか。
 そしてなんかチャンネルがそうなってしまっているのか、油断したらふとした時に吉笑の「思春期の乙女」モード出てしまうからそれに振り回されつつの日々を過ごしている。
 一生「思春期の乙女」モードに振り回されるのは嫌なので「春だから」と思い込むことにするけれど、事務連絡遅れたり、なんかグズグズしてるときは「あっ、思春期の乙女モードなんだな」と思ってもらえればと思います。
 今は思春期の乙女の面影すらないし、書いたらもっとスッキリした。とにかく心身ともに健康でいたいなぁと普通のことを思ったりする夕方。
posted by kisshou at 17:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

新しい企画

 年鑑、手売り発売中です。アマゾンでも予約受付中、まもなく発送開始だと思います。よろしくお願いします。すでに購入してくださった皆様ありがとうございます。2013年版の年鑑の参考になりますので、「こういうコンテンツを増やして欲しい」など、感想等ございましたら、お手数ですがtk.nenkan@gmail.comまでメールして頂ければと思います。

 そんな最中、また新しい企画の話を頂きました。今度も記録系の企画です。なんで現時点での自分にそういう話を頂けるのか不思議だけど、とてもありがたい事です。そそっかしく何でもやろうと思っていて、で、「年鑑」はそのパッケージの企画性だけで僕も面白いと思えたので手離しにお引き受けさせて頂いたのだけど、今度の企画はパッケージ自体はたくさんの師匠方、先輩方がすでにやられている事なので+αの企画性を見出せなかったら、今回はお断りさせて頂くことになりそうです。さすがに今取り組むには早すぎる感じがするので。
 じゃあどういう企画性だったら自分はやりたいと思えるだろうか、と考えてみたら色々やりたいアイデアが浮かんだので、逆にこちらからプレゼンする形の初回打ち合わせになりそうです。他にも1つ新しい動きが始まりかけてたりして、春だからかもしれませんが、何かワクワクできる要因が増えていて嬉しいです。

 明日は屋形船で落語をやらせて頂く予定になっているのですが、天気がどうだか。一応晴れ男のつもりですがさすがに無理かなぁ。
posted by kisshou at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする