2011年02月06日

はじめまして。

立川吉笑(たてかわ きっしょう)と申します。

僕はいま『前座』という『落語家になるための修行期間』を過ごしています。
それゆえ、もしも皆さんが『立川吉笑は落語家でしょうか?』及び『前座は落語家か落語家の卵かどちらでしょうか?』という問題に直面された場合は、『落語家』ではなく『落語家の卵』というのが正解です。

「そんな修行中の身にも関わらずブログなんかを始めて、公に何かを発信するなんというのはおこがましいんじゃないか」と思われるかもしれませんが、僕も同感です。

ではもしも皆さんが『立川吉笑が公にブログを始めた理由とは?』という問題に直面された場合は、『おこがましいから』と答えるのがベストかと思いきやそれはワーストで、真のベストは『おこがましくないから』になるのがこの問題のミソです。

この問題のミソはともかくとして、立川吉笑が公にブログを始めた理由が「おこがましくないから」になる理由は9文字で答えることができ、その9文字とは『師匠に言われたから』です。
師匠に言われたことを実行しないのはおこがましいので、おこがましくならないようにおこがしいとは思いながらブログを開設するに至りました。


//////

ブログの内容に関しては、ここ数日は色々な状況説明などをしようと思っているので自然と長くなりそうですが、軌道に乗れば淡々とその日何をしたかを記すくらいにしようと思っています。

ブログのタイトルは師匠に良い所を見せたいと思い(笑)、色々と考えたのですがグッとくるのがなく普通に「立川吉笑のブログ」にしました。
考えた過程としては、まず「一生懸命」を使って『吉笑懸命』というのを思いつきましたが、これはいかにも過ぎると思ってボツに。
で、吉笑を英語にしたら"kiss"の文字が目に付くからkiss関連でちょっと掘り下げようとしたんですがkiss関連は地盤が硬すぎたので断念。
師匠のツイッターで『「吉笑」は「よしわら」と読むんですか』というような質問をされてる方がいましたが、僕もまさに「よしわら」と読んでしまおうというポイントに辿りついて、
「吉原遊郭(よしわらゆうかく)」を使って『吉笑言書(よしわらいうかく)』とか、挙句はブログなんで『吉笑炎上』とか(炎上したらダメなのですが)。


//////

今日で入門してちょうど3ヶ月になります。
前座仕事にも慣れてきて、少しずつ余裕がでてきましたが、
ブログを始めることで、適度にプレッシャーをかける事ができればなと思っています。

吉笑

posted by kisshou at 09:03| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする