2017年04月19日

『立川流が好きっ!!』について

 トークライブ『立川流が好きっ!!』、2回目も無事に終わった。
 ご来場頂いた皆様、ありがとうございます。

 この手のイベントは当然ながら1回目の方が熱量が勝るから、2回目はどうなるかと心配していたけど、大勢のお客様に集まって頂けて、また話す内容もイベント直前に色々な話題が増えたおかげで1回目に負けず劣らず、熱気ムンムンの2時間半になった。

 前回のことがとても前のことのようで、記憶も曖昧だったりするけど、あの後、12月に深川江戸資料館で落語会『立川流が好きっ!!』を開催して237席を完売できたこと、今年の1月からは毎月17日に広小路亭で『立川流マゴデシ寄席』を開催できていること、動員数もおかげさまで普段の夜席と比べても恥ずかしくないものを維持できていること、諸々のイベントのホームページを立ち上げられたこと、を考えると少なくとも少しは前進できている気がしている。

 マゴデシ寄席では出囃子に生の三味線を導入して前座さんが実践訓練できる場にしようということだったり、毎月17日の昼席と夜席の間は太鼓の稽古などのための前座会を催そうということだったり、実現できていないこともたくさんあるけど、それでも去年8月の『立川流が好きっ!!』の前と後では明らかに後の方が色々なことが良くなったと思えている。だから、やって良かったのだ。

 今回のトークライブでは上記のようにあれから変わったこと、変えられなかったことの整理をし、また新たに気付いた問題点を挙げられた。最後の方には志ら乃兄さんから今後についてワクワクするような流れの一端を聞かされて、明日以降の楽しみが1つ増えた。

 誰が何と言おうと、こうやって集まって話して、ぶつかって、分かり合ってを繰り返すことは絶対大事だと信じている。だからやっている。そそっかしく一歩目を動き出すのが自分の得意なことだと思っているから、確信犯的に動いているけど、一方で1つ1つの反応に気持ちを左右されてしまう自分もまだいる。無視して邁進できるほど自分は強くない。
 結局、アクションを起こすとそれに対してリアクションが返ってくる。自分からアクションできない奴らなんか放っといたらいいと分かっていながら、それでもやっぱり返ってくるリアクションにいちいち気を取られてしまう。そして「割にあわないなぁ」と思いながらふて寝することになる。今のところは翌朝、自分が好きでアクションしているのだからスネちゃだめだ、と正気に戻れるから何とか継続できているけど。

 とは言え、風通しは明らかに良くなっている。
 そそっかしくアクションするのが僕だけじゃなくなってきたから、とても嬉しい。各々が各々の正しいと思うことをアクションしていくことがひとまず大事なんだろう。

 イベント前、一切打ち合わせをしない。
 当然どういうことについて話すか事前に摺り合わせたがる方もいるけど、僕は一切打ち合わせをしないようにしている。これは良し悪しじゃなくて、自分の好みの問題。僕が矢面に立って開催させてもらっている以上、そこは僕のワガママを通させてもらっている。
 それぞれが自分のやるべきことをちゃんとやったら良いイベントになるだろうと信じているから、自分は自分のやることをやるだけだと思っているし、みんなにもそういう風な気概でステージに上がってもらえたら嬉しい。
 結果、昨日は前回以上にきっちりそれぞれの持っているものが絡み合ったトークライブになったと思う。少しずつみんなの温度が高まってきているのが要因だと思う。

 さて、ひとまず次の大きなイベントは8月16日に開催する落語会『立川流が好きっ!!』です。何と国立演芸場を借りることができました。この会をしっかり成功させて年内にもう1回なにか大きなイベントをやりたいなぁと考えています。
 毎月17日は相変わらずマゴデシ寄席を開催しますし、こちらは来年も開催することが決定しました。色々テコ入れしつつ、ひとまず続けていけたらいいなぁと思っています。4月マゴデシ寄席、らく兵兄さんの高座を聴いて、こんな瞬間のために続けていくべき会だと思いました。

 いつもありがとうございます!






posted by kisshou at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

『ソーゾーシー』

 『ソーゾーシー』が無事に終わった。猛烈にお足下の悪いなか沢山のお客様に集まって頂きありがたい気持ちしかない。

 前回の投稿でも書いたように、これだけ凄腕の兄さん方が集まった会だから間違いなく楽しい会になるだろうと思っていたけど、思っていたよりさらにずっと楽しい会になった。あたたかいお客様や、素敵な会場、バッチリのスタッフワーク、(演者のパフォーマンスも)、色々なものがうまく絡み合った賜物だろう。こういう夜があるから、こんな浮世稼業をやめられないでいる。

 鯉八兄さんにいたっては、会の途中でも打ち上げでも「いやぁイイ会だなぁ」「それにしてもイイ会だったなぁ」「イイ会だなぁ」「これはイイ会だったなぁ」とずっとおっしゃっていた。続いて、「吉笑さんの開口一番が完璧だった」「いやぁ昇々くん、見事だったねぇ」「太福さんがいてくれて助かった」と紹興酒を飲みながら僕たちのことを褒めちぎってくださって、よっぽどこんぺい糖を上げようかと思った。

 昇々兄さんは「僕が最初に出ますよ」とおっしゃったけれど、立ち上げた張本人の昇々兄さんにはやっぱりトリをとってもらうべきだと言った。いきなり浪曲から始まるよりは落語からの方がバランスが良いだろうと思い、そうなると鯉八兄さんか僕が開口一番ということになる。だったら持ち味的に僕がトップで出るべきだろうと、結果的に吉笑、太福、鯉八、昇々という順番に決まった。
 オープニングがあるとは言え開口一番としては会場の空気をまとめるという重大な任務を背負っていて、何を喋ろうかと思っている時に目に入ったのが4人で作ったLINEグループで繰り返される太福兄さんの「ガッテンです!」という書き込み。話がまとまったら決まって最後に太福兄さんさんが「ガッテンです!」と書き、直後に鯉八兄さんも「ガッテン!」と返す(いつもは基本的に返信遅いのになぜかガッテン!だけは必ず1分以内に返ってくる)。その都度僕は、みんなの流れに乗って「ガッテンです!」と返したいと思うけど、どうしても立川流の大先輩である志の輔師匠の存在がちらついて恥ずかしくなってしまい、結果、1回「ガッテンです!」と返したら向こう2回は「了解です!」にしてみるという折衷案を採用している。
 そんな些細なやり取りから、会の名前を決めようとみんなで集まった喫茶店。できるだけSWAの印象には近づかない名前にしよう(全員)→擬音語だけってよくない?『スパッ!』とか『シュパッ!』とか(昇々)→いいですね!(鯉八)→『スパッ!』を当て字にしてみようか(昇々)→どんな字ですかね(太福)→みんなが自分の素を話すから『素話っ!』ってどう?(昇々)→それ完全にスワって読めますよね(吉笑)→あっ。(昇々)→だったら『お笑い四天王』ってどうですか?(鯉八)→それは絶対ない(昇々・太福・吉笑)
 あの日のハイライトを思い出した。

 お後の太福兄さんが「ガッテンです!」の件を正面から消化してくださったことで、流れがお笑い四天王のひとりである鯉八兄さん、そして昇々兄さんにまで引き継がれていった。


 レッドシアターは人気の劇場なので、次回は来年の4月10日しか押さえられなかった。ともあれ、別会場でたぶん年内にあと1回か2回は開催しようという話で動き始めている。今回は1回目ということだったり、会の決定が直前になってしまったからだったりで叶わなかったけど、ソーゾーシーと銘打つ以上は、この会に向けた創造、つまりはネタ下ろしやそれ以外の趣向なんかを用意するべきだということは全員意見が一致しているから、次回以降はそういう流れになっていくのだと思う。(何しろ今回の太福兄さんは、翌日にネタ下ろしありの独演会が先に決まっていたという凄まじい過密スケジュールで引き受けてくださったのだった)

 そうそう、今回のBGM選びは僕が担当させて頂いた。
 全てhow to count one to tenという友達のバンドの曲で、出囃子代わりに使った音源は彼らの曲に砂切(しゃぎり。出囃子のイントロ的にちょっとだけ叩く太鼓のやつ)を入れて、あとは太鼓の音を所々足したもの。たまに自分の会で使っている音源だけど、昨日の会で流すために作ったんだなぁと思えるほど環境にピッタリ合っていた。
 オシャレなポストロックに混じって会の直前と会の終わりにかけたのは『ボクラのダンス』という、高校の友達が20歳くらいの時に趣味で作った曲。サビで「踊る理由なにもなく、でも僕らはいつも踊り続けている」と繰り返されるこの曲を、東京に出てきたばかりの僕は夜中にいつも聴いていた。
 今回初めて昇々兄さんとガッツリ会をご一緒させて頂く中で、ことあるごとに「パラダイムシフトを起こしたい」「自分の魂全てを高座でさらけ出したい」などと、受け取る人によってはイタいと思われてしまうような言葉を真っすぐな目でおっしゃる兄さんを見て、否応なくあの頃の自分を思い出さされた。
 時間かけて考えて、練って、稽古して。別に落語をやる理由なんかないけど、これからもやっていくんだろう。というか、やっていきたいと思える自分でいたい。

 ソーゾーシー。たぶん長い間続いていく会なんだと思います。
 お時間ある時にだけでもお付き合い頂ければ嬉しいです。
 
posted by kisshou at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

『ソーゾーシー』について。

 昇々兄さん、鯉八兄さん、太福兄さんと新しいイベントを立ち上げることになった。

 ことの発端は去年の11月くらいだったと思う。週刊キッショウという、50週間連続で自主企画をやるという無謀な取り組みに挑戦していた僕は、その一環として先輩方をゲストにお招きした会をやることになった。
 特に昇進したての頃、少し斜に構えたスタイルで活動していた僕は仕事のほとんどが独演会で、誰かとの二人会というものをほとんどやってこなかった。自主的にそう振る舞ったこともあるけど、確かに先輩からしたら吉笑は呼び難いというのも今では分かる。
 僕が定期的に二人会をやらせて頂いているのは弟弟子の笑二以外にはらくごカフェで宮治兄さんと年に4回くらい、鯉八兄さんとアップリンクで年6回くらいという2公演くらいのものだった。お二人とは持っている武器が違うし、お二人ともえげつないレベルの先輩だから刺激にもなるし、毎回良い体験をさせて頂いていた。

 忙しい兄さん方も定期的にじゃなくて、一回だけだったらオファーしたら出てくださるのじゃないかと思って、二人会をやったことがなくて、なおかつ自分に無いモノを持ってらっしゃる方をお呼びすることにした。その中の一人が昇々兄さんだった。


 シブラクの楽屋なんかで顔をあわせることはあるし、若手で新作を積極的にやっている同志色々な現場で一緒になってもおかしくないけど、なぜか仕事がかぶることがほとんどなくて、というか一緒の会に出たことが一回あるかないかくらいの関係性だった。
 ゲスト出演を快諾してくださった兄さんと初めて楽屋で色々とお話させて頂いた。シャイな一面をお持ちの兄さんだから、圧倒的に後輩の僕にもかなり気を使いながら色々と話してくださっているうちに「何か一緒に会をやりましょうよ」ということになった。
 それがこの会の始まり。

 これまでは、一人でやりたいように動いていくことを大事にしていた僕も、色々考えていたタイミングだったり、単純に気持ちが弱っていたこともあったのだろうけど、その時はすんなりと何か一緒にやらせて頂きたいと思った。そしてすぐに浮かんだのが、大先輩方のとある会。(まぁSWAのこと)

 二人だけよりかはもう少し人数がいた方がいい。
 新作だけの会がいい。
 誰かいる?
 
 開演前と、仲入り中、終演後着替えをする間というわずかな時間だけで、どんどん話が進んでいった。真っ先に鯉八兄さんの名前が挙がって、(そりゃ現在の落語界で新作に特化した会をやろうと思ったら絶対に欠かせない存在だから)、せめてもう一人はいた方が形として納まりがいいということになって、何人か候補を探ることになった。
 それから数日後にダメ元で太福兄さんを誘ってみようということになって、結果的には太福兄さんも参加してくださることになった。太福兄さんとはシブラクの新作の会でみんな一緒になったことがあるし、作られるネタの面白さと同時代性の高さ、そしてお人柄も含めて何ら異存は無かった。そして、この4人で会をやることになった。


 一連の準備をしている時に驚いたのは昇々兄さんの熱量の高さとフットワークの軽さ。楽屋で喋ったあの瞬間から気付いたら方々に連絡し始め、逐一、進捗の報告がくるようになった。会場探しの段になって、帯に短したすきに長し、なかなかしっくりする会場が決まらず僕が首を縦に振らない間も、色々な会場を調べては「ここはどう?」「ここは?」といくつも提案してくださった。
 今回やらせて頂く赤坂レッドシアターを提案してくださったのも昇々兄さん。素敵な劇場というのは知っているけど、人気のある場所だから今から年内で借りることなんかできるわけないと思っていたけど、直接問い合わせ、交渉していくうちに数日だけ貸して頂ける運びになった。
 「さぁ会の詳細を決めよう」「現場の下見に行こう」その都度兄さんが声がけしてくださり、どんどん企画が進んでいく。そして、会のタイトルを決めるとき、真っ正面からえげつない熱量で自分がやりたいと思っていることを語ってくださる。
 もともと僕もどちらかと言えば、そういうともすればイタいと言われたりする人間で、煽動的に振る舞い、ガンガンせめて行く方だけど、上には上がいると思った。そして、兄さんの今のとてつもない勢いの要因を垣間みた気がした。


 さてさて。
 凄腕の先輩方3人との会だから、ひとまず楽しいことは間違いないと思う。
 その上で、さらにその先。点ではなくて線で見たくなるようなそんな会にできるかどうかが今回の勝負だと思っている。

 お時間ございましたらぜひ目撃しにいらしてください。
 ご来場お待ちしております!

///

11日(火)19時30分〜
『ソーゾーシー』
@赤坂・レッドシアター
予約2500円
出演:春風亭昇々・瀧川鯉八・玉川太福・立川吉笑

ご予約はこちら


posted by kisshou at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

今後の予定(4月2日up)

4月

4日(火)18時15分〜
『日暮里寄席』
@日暮里サニーホール
当日2000円
主任:立川志ら乃
吉笑:18時30分上がり

9日(日)19時〜
『吉笑と時間 或いは空間も』
@神田・連雀亭
予約1800円

開口一番:立川かしめ

予約はこちら


10日(月)19時30分〜
講座『吉笑の落語を作れ!(全6回)』
@南砂町カルチャーセンター
2430円(1回あたり)


一緒に落語を作る講座です。
入会方法などは
こちら


11日(火)19時30分〜
『ソーゾーシー』
@赤坂・レッドシアター
予約2500円
出演:春風亭昇々・瀧川鯉八・玉川太福・立川吉笑

予約はこちら

新しい会です。
素晴らしい先輩方と一緒なので、
このイベントは間違いと言いきれます!
よろしくお願いします!


13日(木)13時30分〜トリを勤めます!
『きゃたぴら寄席』
@神田・連雀亭
1000円
出演:林家たこ平、古今亭志ん八、春風亭昇也、立川吉笑

13日(木)19時〜
『恵比寿みちくさ落語』
@恵比寿セブン
予約1800円
出演:立川志の彦、立川吉笑
(志の彦兄さんの会に呼んで頂きました〜)

14日(金)13時30分〜
『きゃたぴら寄席』
@神田・連雀亭
1000円
出演:立川吉笑、林家たこ平、古今亭志ん八、春風亭昇也

15日(土)14時〜
『渋谷らくご』
@渋谷・ユーロライブ
2500円
出演:柳家緑君、立川吉笑、柳家緑太、入船亭扇遊


16日(日)12時〜
『広小路昼席』
@御徒町・お江戸上野広小路亭
当日2000円
主任:立川談之助
吉笑:12時35分上がり

16日(日)13時30分〜
『きゃたぴら寄席』
@神田・連雀亭
1000円
出演:古今亭志ん八、春風亭昇也、立川吉笑、林家たこ平

17日(月)19時〜
『マゴデシ寄席』毎月17日開催
@御徒町・お江戸上野広小路亭
予約1800円
番組:前座、吉笑、らく兵、志ら乃、志の太郎、こはる


毎月開催のマゴデシ寄席です。
ご来場お待ちしております!

18日(火)19時30分〜
トークライブ『立川流が好きっ!!』
@新宿・ロフトプラスワン
予約2000円(要1オーダー)
MC:吉笑
出演:志ら乃、こはる、談吉、志の太郎、寸志

昨年に続いて2回目のトークライブです。
とある発表があるかもです。

予約・詳細は
こちら



[長野公演]21日(金)
詳細分かり次第、記載します。

[愛知公演]22日(土)18時〜
『吉笑知新2』
@名古屋市中区・宗圓寺
前売2500円
出演:立川吉笑


[愛知公演]23日(日)14時〜
『吉笑知新2』
@一宮・Re-TAiL
前売2300円
出演:立川吉笑

愛知県での独演会、2回目は2日公演です。
詳細や予約は
こちら



24日(月)19時30分〜
講座『吉笑の落語を作れ!(全6回)』
@南砂町カルチャーセンター
2430円(1回あたり)


一緒に落語を作る講座です。
入会方法などは
こちら


25日(火)13時30分〜
『日替わり昼席』
@神田・連雀亭
1000円
出演:桂三木男、立川吉笑、古今亭始、柳家吉緑

[メディア]25日(火)20時〜
ネット放送『WOWOWぷらすと

28日(金)19時〜
『談笑一門会』
@吉祥寺・武蔵野公会堂
2500円
錦笑「たらちね」、談笑「粗忽長屋」
〜仲入り〜
吉笑「十徳」、笑二「景清」



posted by kisshou at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

今後の予定(3月8日up)

3月

11日(土)14時〜
『渋谷らくご』
@渋谷・ユーロライブ
2500円
出演:台所おさん、神田松之丞、立川吉笑、春風亭柳朝


[大阪公演]12日(日)13時〜
『立川談笑独演会』
@心斎橋・大丸心斎橋劇場
予約3500円(全席指定)
出演:立川談笑、立川吉笑

14日(火)19時30分〜
『A太郎・吉笑二人会』
@新宿西口・ミュージックテイト
予約1800円
出演:昔昔亭A太郎、立川吉笑

16日(木)12時〜
『広小路昼席』
@御徒町・お江戸上野広小路亭
当日2000円
主任:立川志ら玉
吉笑:12時55分上がり

17日(金)19時〜
『立川流マゴデシ寄席』毎月17日開催
@御徒町・お江戸上野広小路亭
予約1800円
番組:前座、寸志、吉笑、談吉、笑二、こしら


毎月開催のマゴデシ寄席です。
ご来場お待ちしております!

21日(火)13時30分〜
『日替わり昼席』
@神田・連雀亭
1000円
出演:立川吉笑、春雨や風子、柳家吉緑、桂翔丸

22日(水)18時30分〜
『こしがや若手精選落語会』
@越谷・サンシティホール
予約1500円
出演:春風亭ぴっかり☆、春風亭一蔵、柳亭市弥、立川吉笑
ゲスト:春風亭一之輔

[京都公演]24日(金)19時〜
立川吉笑 第1回公演
『長屋の花見』
@元立誠小学校
予約1800円、当日2000円、25歳以下1500円


予約はこちら

新しい試みです。
よろしくお願いします!

[静岡公演]25日(土)17時30分〜
『立川吉笑独演会』
@静岡市駿河区・カフェバッソ
2300円
出演:立川吉笑


静岡県では初めての独演会です。
お近くの方、ぜひ!!

[名古屋公演]26日(日)
『中京テレビ番組祭り』
@中京テレビ・エンゼル広場
入場無料
10時45分〜、15時50分〜
出演:Aマッソ、ランジャタイ、立川吉笑
(THE営業という感じでしょう笑)

29日(金)11時30分〜
『ワンコイン寄席』
@神田・連雀亭
500円
出演:吉笑、緑太、かゑる

29日(金)13時〜
『巣鴨すがも寄席』
@庚申塚・スタジオフォー
1000円
出演:昇羊、こみち、柳若、吉笑

29日(水)19時〜
『談笑一門会』
@吉祥寺・武蔵野公会堂
2500円



4月

1日(土)19時〜
立川吉笑 第1回公演
『長屋の花見』
@渋谷・ユーロライブ
予約2500円、当日2800円、25歳以下1500円


予約はこちら

大きな会場で、新しい試みです。
よろしくお願いします!

9日(日)19時〜
『吉笑と時間 或いは空間も』
@神田・連雀亭
予約1800円

開口一番:立川かしめ

予約はこちら

posted by kisshou at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする